気象分析士

気象予報士という資格に惑わされ、天気予報を見ていると当たらないケースが多い。気象庁から公言できる範囲が決められているせいかどのTV局も言うことは同じである。特に、最近の豪雨を見ていると、過去の気象データは当てはまらない。学者はすぐに「地球温暖化」などと宣うのだが、そではなく、例えば、何故偏西風が蛇行するのか、なぜ海水温の関係で魚が不良になるのかこのあたりを地球規模で想定してほしい。あたらなくても責任はないので、気象予報士の資格をやめて、気象分析士に変更したらどうか?

2017年08月29日