ブログ一覧

中国で起きたタンクロリーの爆発事故

日本ではトラックに積載したLPガスボンベの爆発事故があったが、中国ではシリコーンオイルの入ったタンクロリーが衝突事故で爆発炎上した。同じような事故ではあるが、火災野風景が類似している。しかし、この事故は一般的なもので、衝突によってオイルが漏れ出し引火したものだ。中国はこういう事故には一切調査結果を発表しないので、事故の参考にならない。

 

2022年10月02日

西九州新幹線開通

9/23に長崎~武雄温泉間66kmが開通した。わずか23分ほどの乗車だそうだ。25年もかかって博多とつながっていないのが、不思議だね。でも鉄道ファンにはカモメ号は興味深いのだろう。関東にいると、あまり大きなニュースとなっていないのが、残念ではある。

 

写真提供:西日本新聞

 

2022年09月24日

EVの発火事故は多いか?

米国家運輸安全委員会(NTSB)によると、10万台あたりの火災件数でガソリン車は、1,500台、HEVは、3,500台、EVは25台となっているそうだ。ハイブリッドEV車はなぜ火災が多いのか?以前のリチウムイオン電池では発火しやすかったが、現在は改良されているはずではなかったか?火災の原因は、電池セルのコンタミ、セパレーターの金属ショート、セルやパックの不良などがあるらしい。さて日本製の実力はどうか?韓国製が有利な米国市場と言われているが。。。
写真提供:NTSB テスラのEV バッテリパックの異状


2022年09月20日

くすりの自販機

最近の自動販売機は、飲料水だけでなく、冷蔵食品等も多様化してきている。更に大正製薬がくすりの自販機を新宿で始めたようだ。どういう薬かというと、緊急性のある、例えば下痢止め、酔い止め、鎮痛剤などがある。どれくらいの需要かわからないが、あれば助かるかも。以前私も電車に乗っていて急に腹痛となって困ったことがあった。幸い、次の駅で下車して駅員の誘導でトイレに駆け込み助かった経験がある。

 

2022年09月17日

ネオジウム製磁石おもちゃ事故

電気自動車のモーター等に使わているネオジウム磁石がおもちゃ用としても使われている。磁石は強力で幼児が誤って飲み込んでしまうと、胃や腸内でくっついてしまう事故が多発しているという。メーカーとしては幼児用のおもちゃとは、認識しておらず、14歳以上を対象としているという。しかし、幼児はそばにあるおもちゃをいじったりして遊んでいるうちに口にくわえて誤飲してしまう。なにもネオジウムなどつかわなくても良いと思うけど。写真提供:国民生活センター

 

2022年09月15日

欧州発CNTは発がん性?

日本が開発したCNT(カーボンナノチューブ)に欧州化学品庁(ECHA)が発がん性があると発表した。但し、条件は、直径30nm~3μm、長さ5μm以上、アスペクト比3:1以上の3条件が合致した場合で1Bに分類される。CNTは、様々な種類があり、これは欧州の嫌がらせでしかない。とにかく悪いイメージを付けようと狙っている。慌てるな日本、徹底的反論すべき。

写真提供:日経BP シート状CNTと粉状CNT

2022年09月11日

子供の車内置き去り事故について

送迎バスに乗った園児が降りるのを忘れられ、熱中症で亡くなった事故があった。なんとも痛ましい。たった6名の園児の乗り降りを忘れてしまうなんて。胸が痛む思いである。欧米でもある事故で、CPD(Child Presence Detection)と呼ばれ、欧州自動車アセスメントに関わるEuro NCAPが基準を設定する予定である。ドア開閉情報と着座センサーで知らせるものである。ヒューマンエラーを防ぐには、何重ものチェックが必要であるが、記者会見を見た限りでは、人を預かるような人格者ではないと思える。送迎バスの装飾にも窓ガラスまで被覆することはないのに。

 

2022年09月11日

エレキソルトって何?

キリンビバレッジと明治大学で共同開発した電流を流して塩味を1.5倍にする箸やスプーンを開発し、来年から販売するというニュースがあった。確かに高齢者にとって減塩食事は当たり前になってきた。また、外食でも塩分を控えた食事が多くなり、濃い味好みの人には朗報であろう。使い勝手はどうだろうか?減塩して味覚がはっきりするのであれば、魅力的商品だと思う。詳しくは明治大HP参照

 

2022年09月08日

警察学校でボヤ騒ぎ!

熊本の警察学校の武道場でボヤ騒ぎがあった。床のワックスがけをした後に掃除用置き場に雑巾を重ねて置いていたところ、発火したものらしい。自然発火ということか?そんなことが起きうるのか。NITEの評価では、雑巾に含まれる不飽和脂肪酸が酸化して発熱して発火するらしい。そういう成分を使うことはおかしいのではないか?

 

2022年09月01日

最新TVでgoogle assistが突然現れる?

20年ぶりにテレビを替えたら、最近はアンドロイドTVといって色々な機能が付いている。私は単にTVを観たいだけなので、余計な機能は使っていない。ところが、TVを観ていて突然グーグルアシスト機能が現れ、TV画面に戻らない。終了ボタンを押せば、元に戻ることはわかったが、何かTVの音で反応してグーグルアシストが立ち上がってしまう。テレビの設定画面でディバイスを選び、グーグルアシストにたどり着くと、「ON」になっていて、OFFに操作できない。色々調べてみると、私のTVは東芝のレグザだったので、ツイッターで以下の図付きの説明をみつけた。TV底面に「ミュート」スイッチがあり、そこをOFFにすれば、無効にできるという。だけど、なんでこんな操作しにくいとこにスイッチがあるのか?皆さんはどうしているのだろうか?

 

2022年08月31日

レアメタル、レアアースの代替品

レアメタルは、ほとんど中国や共産圏から輸入している。このご時世でいつ打ち切られるかわからない。例えば、透明電極向けインジウム、希土類磁石向けジスプロシウム、超硬工具向けタングステン、排ガス浄化向け白金族・セリウム、精密研磨向けセリウム、蛍光体向けテルビウム・ユーロピウム等があり、これらを代替する材料を経済産業省(NEDO)が開発プロジェクトを立ち上げて推進している。資料提供:NEDO

 

2022年08月29日

全自動スパゲッティ「R-robo」

これまで部分的に調理するロボットは実現しているが、全自動(原料投入からスパゲッティをゆで、炒め、ソースを絡めるまで)で調理するロボットは珍しく、労働力の省力化には画期的である。この調理を実現させているのは、丸の内ビルにある「エビスノスパゲッティ」で、注文からわずか2分半で配膳されるらしい。しかもおいしい。一度行ってみたいな。写真提供:美味案内

 

2022年08月23日

未納和紙で繊維衣料へ

世の中、プラスチックは悪いという方向でプラスチック減量を叫ぶようになってきた。普段着る衣料もナイロンやポリエステル、アクリル等が主流となっていたものが、綿や麻が重宝される時代である。そんな中で、美濃和紙を線維化して衣料にする技術がある。和紙を繊維化することはできるだろうが、強度や伸びの問題がある。これをアセテートと混合することで伸びを8倍にした。更に洗濯堅牢度などの課題もクリアするようになった。そこでクラウドファンディングで「岐阜シャツ」を実現できた。いよいよ「紙」の時代がやってきたか?写真提供:岐阜プロジェクト

 

 

2022年08月22日

電気自動車はダメか?

EV車はCO2を排出しない車として世界の潮流になっており、特にバッテリーのみで動くBEVの市場が加速されていると言われている。一方で、バッテリーといえば、韓国や中国が主流となりつつあるが、バッテリーの発火が原因による自動車火災が問題となりつつある。日本はEVに出遅れていると言われるが、日本のバッテリー(リチウムイオン電池)は優秀であり、発火による事故は起きていない。しかし、EVに積極的であったドイツVWのCEOが辞めたことから、EV車の後退説も議論されるようになってきた。どの方向へ行くのか?

写真提供:中国網易網 EV車充電中の多数の発火火災

 

2022年08月20日

中国BYD 日本市場にEVで参入

中国の大手EVメーカーが日本に参入する。詳細は不明であるが、3車種投入するようだ。(写真NHK)日本では、日産の「さくら」が好調であるが、トヨタでは「bZ4X」が発売から一か月で不具合を起こし生産中止となる事件がおきた。なんでも急ブレーキや急旋回するとタイヤを取り付けているハブボルトが緩んでタイヤが外れるかもしれないとリコール申請している。このこともあってBYDが進出可能とみたか?

 

2022年08月13日

中国が研究論文トップへ

②018-2020年に技術論文を引用された件数で中国がトップとなった。中国が4744件、2位の米国が4330件、日本は10位の324件となった。質的にも中国は優れており、日本はどうしてしまったのか?研究者数では、米国、中国についで3位なのに。

 

2022年08月11日

コロナBA.2.75拡大か?


現在流行中のBA.5感染力の3.4倍もあるBA.2.75が流行る兆しが出ている。既に発祥の地のインドでは、50%以上がこの株である。名付けてケンタウロスという。BA.2とBA.5を半分ずつ持った変異種らしいので、ケンタウロスと呼んでいる。第7派がピークを迎える前に、BA.2.75に置き換わって第八派に突入するようだ。果たして4回目のワクチンが効果あるのかどうか?

 資料提供:日本テレビ

2022年07月27日

欧州山火事相次ぐ

欧州では、40℃を超える猛暑で、フランス、スペイン、ポルトガル、ギリシャ等で山火事が相次いでいる。これまでに4,500km2(東京都の2倍の面積)を消失している。日本でも6月に37℃の猛暑があって、戻り梅雨になっているが、来週から暑くなる予測で9月まで続くらしい。欧州の場合、個別の家でエアコンを買う習慣があまりなく、地域冷暖房システムが普及しているが、暖房は充実しているものの、冷房はこれまで必要なかった。地球温暖化と捉えていいのだろうか?IPCC(地球変動に関する政府間パネル、日本人100名以上が参加)の意見でも必ずしも温暖化だけではないと聞いているが。。。。

 

2022年07月21日

4回目ワクチン接種

基礎疾患持ちの高齢者としては、4回目のワクチン接種をした。3回目と同様に、高熱を発し、38.6℃まで上昇した。カロナールを飲んでも利かず、ロキソニンを飲んで、多量の汗をかき、一気に37.3℃まで下げ、その後平熱に戻った。その間食事も喉に通らず、ゼリーや豆腐で凌いだ。素手の7次流行期になっているが、一体どうなるのだろうか?

2022年07月15日

安倍元総理 自作ショットガンで亡くなる

安倍晋三元総理が参院選選挙応援で奈良市内で凶弾に倒れ、大きな衝撃を受けた。ゴルゴ13ではないが、デューク東郷は、常に背中を見せないように壁際を歩いていた。あるいは、最近のフジテレビで放映されていた「アバランチ」でも警備は無線で連絡を取り合い、背後には誰もいないなんて光景はなかったが、現実には1発目でも誰もかばおうとしていなかった。更にショックだったのは、犯人が銃弾もショットガンも自作であることだ。いくら海上自衛隊出身とはいえ、たかだか3年である。そのほかの20年あまり何をしていたのは?私怨とはいえ、宗教がらみの事件は怖いなあ。

 

2022年07月09日

6月に連日猛暑だ!

梅雨が明けたと思ったら、6月に6日連続の猛暑だ。というか気が付いたら、梅雨明けしていたのが現実か。最近季節感がずれていておそらく8月には秋が来るのではないか?山形で有名な佐藤錦(さくらんぼ)も生育地域が北上しているらしい。秋田、青森でも取れるとか聞く。その王座を奪われないように山形では新種の「紅王」が開発された。なんでも500円硬貨大とか。このような技術は是非輸出してもらいたいなあ。

写真提供:産経新聞

 

2022年06月30日

ビールの濃度を自分で

最近ビールの売上が落ち込んでいるらしい。そういえば、なんでもレモンを使った酎ハイやハイボールだなあ。我々世代は、「まずビール」で乾杯であったが。サントリーが開発した「ビアボール」は、18%ビールを自分のスタイルで炭酸で割るらしい。最適な比率はビール3:炭酸水1らしい。ビール濃度は8%位が適切か?本来ビール濃度は、5.5%なので、もう少し濃いめというところか。早く飲んでみたいものだ。

 

2022年06月25日

ランドセルをキャリーバッグで

ランドセルの話題ももうひとつ。小学生が使うランドセルの総重量は5kg近くあるそうで、重いのでキャリーバッグにしたらという小学生のアイデアが話題となっている。大人の世界では賛否両論があるようだが、やはり小学生に軍配があがる。どんどんアイデアを出して改良していけばよいと思う。

 

2022年06月18日

きのこ由来のランドセル

米国ベンチャー企業ボルト・スレッズ社が開発したレザー代替素材「Myloマイロ」を国内メーカーの土屋鞄がランドセルとして商品化した。牛革の天然素材代替として脚光を浴びている。毛皮等の皮革、ミンク、オーストリッチ、蛇など天然素材が禁止される傾向にあり、日本のランドセルは7-10万円もする高価な市場で、祖父母が孫のために、大枚をはたいて買ってやる市場である。夏をピークにしてどんどん前倒しの需要となっており、ゴールデンウィークには活況となっている。これを代替素材にすることで環境にやさしい教材ともなる。

 

2022年06月17日

竜宮の砂解析結果

はやぶさ2が持ち帰った「りゅうぐう」の砂5.4gを国内8つの研究機関で分析した結果、20種類以上のアミノ酸が発見された。アミノ酸は地球初期にあったものとされ、これまでの隕石に含まれていたアミノ酸は地球に突入してから付着したものと考えられていたが、宇宙にも生命体の存在が明らかにされた。わずかな量でここまで解析できる日本の技術は素晴らしい。

 

2022年06月13日

国民皆歯科診療

岸田総理大臣が打ち出した新資本主義の方針の中で国民皆歯科診療と言い出した。なんでも歯周病は大人になると50%以上は罹るそうで、その段階で診療しても手遅れという。確か小学校の時は、校内受診していたと記憶するが、その結果のフォローは全くなかった。今回も歯科受診に至らないのではないか?それから、資産倍増もちょっと?

2022年06月08日

防火扉の新しい形

 豊洲市場直結オフィスビル「メブクス豊洲」(清水建設)が昨年10月にオープンした。防火扉がないことが注目される。屋上まで吹き抜けとなっていて各階の天井は、網状になっている。これは火災時に煙が網に留まり、煙の上昇を緩衝させる効果があるようだ。
これによって防火扉がないデザインとなっている。
写真提供:とよすと


2022年06月06日

日本初の3D住宅

日本で初めて3Dプリンターによる3D住宅が24時間以内に完成した。価格は10m2で300万円だそうで、49m2なら、500万円だという。コンクリートを層状に噴出して重ねていくもので、耐震性なんかどうだろうかと野暮なことは言わない。とにかくすごい技術である。

 

2022年05月27日

「消火ボール」は効果なし!

消費者庁は、25日に火災発生時に火元に消火ボールを投げ入れると、直ぐに火が消えるとして製品販売している5社に対して効果がないとして製品表示法違反で行政処分をした。いざというときに使えないのは困ってしまう。消火用具としてきちんと評価してほしい。なんとなく消化器よりも簡単に火が消せるイメージが強い。

 

2022年05月26日

ロボットレストラン

羽田イノベーションシティの一角に川崎重工が開発した全ロボットレストランがオープンした。利用客はQRコードで注文すると、およそ10分で調理して配膳される。メニューはカレーライス等3種類ある。料理するロボットと配膳ロボットが連携して料理を提供するのは労働力不足に対応する未来図を見た気がする。ただ、会話がないと、飽きられるかも。

 

2022年05月23日

米粉ブーム再来か?

20数年前に山形大でスチレンやポリ乳酸の発泡成形プロセスの研究留学していた際に、米粉100%のパンを発明してそのまま独立された人がいる。今や米粉パンは一般的になっているが、最近もち米粉でチーズを開発した人(神明)がいる。更にヨーグルトも開発中という。乳製品アレルギーの人には朗報であろう。小麦粉の代替として餃子の皮も開発されている。うどんやピザもできるといいなあ。小麦は政府主導の完全輸入なので、米粉が利用できるとウクライナの小麦粉危機にも対応できそうだ。

 

 

2022年05月22日

ついにONKYO破産!

5/14に高級オーディオメーカーのONKYOが破産申請した。これまでに2014年の高級アンプメーカーのサンスイ、2000年のオープンリールデッキの赤井電機、更にブランドでいえば、トリオ、ラックス、DENON、PIONEERなど数えきれない。今や家で大きいスピーカーを設置して音楽を聞く時代ではなく、ストリーミングが主流で、CDも買わないらしい。私はいまだにマンションの狭い部屋にレコードプレヤー2機(DENON、MICRO)とアンプ(LUX)、スピーカー(ビクターSX7)を置いている。現在、PC音源として取り込むために、格闘している。

写真参考:NHK報道

 

2022年05月21日

水素細菌(UCDI)とは?

最近、Covid19の他に子供の肺炎菌、さる痘など人間に害のある最近が話題であるが、CO2削減に役立つ水素細菌がある。例えば、大林組では、水素細菌が二酸化炭素を吸収して生分解性プラスチック(ポリ乳酸)を生成する技術を開発したり、燃料や食料の開発も進めらている。米国や中国でも活発に開発されているようだ。

 

2022年05月20日

セメントを使わないコンクリート

バンテリンなどの医薬品メーカーの興和がCO2を多く使うセメントの代わりに常温硬化型ジオポリマーを使う技術を開発している。ジオポリマーとは、石炭火力発電所から出るフライアッシュや製鉄所から出る高炉スラグ粉末等に水ガラスや苛性ソーダなどのアルカリ溶液と混ぜて作る。環境にやさしい材料として実用化を目指している。まさにサステイナブルコンクリートである。

 

 

2022年05月12日

飽和潜水とは?

北海道知床遊覧船の事故で船が水深120mのところに沈んでいる。これを引き上げるためには、潜水して船にロープを掛けて引き上げる必要がある。しかし、一般的な潜水は30m程度までで、特殊訓練を受けた潜水士でも40-60mが限界らしい。120mの深さもあると、飽和潜水と呼ばれる潜水方法があるらしい。空気中の窒素が血液に有害となるために、空気中の窒素をヘリウムに置き換えて、特殊な圧力容器の中で2-3日待機したのちに海にもぐる。2名2シフトで交代しながら作業するものである。また、作業が終了しても再び圧力容器に戻り、通常の空気に戻すことで、戻れることとなる。メカニズムは、下図のようなこと。なんとも厄介な話であるが、最大で40-600m潜れるそうだ。

 

2022年05月10日

Z世代向けドンキ

お台場のダイバーシティにZ世代向けキラキラドンキがオープンした。Z世代て何?なんでも2000年以降に生まれた10~20代の年齢層を指すらしい。この世代は、韓国好きでアジアン系のお菓子やコスメが人気があるとかで、ドンキホーテが新規開店したものだという。だんだんわからないことが増えてきたが、おりしもロシアのZマークと重なってしまい、いい印象はない。

 

2022年05月04日

甘噛みハムハムロボット

たまたま日経産業新聞(5/2)を読んでいたら、ユカイ工学の開発した「甘噛みハムハム」の記事が紹介されていた。私も犬を飼っているので、実際の甘噛みは難しい。下手をするとがぶっと本当に噛まれて痛い思いをする。そんな癒し系ロボットとして甘噛みしてくれるらしい。この会社はロボットを使った面白いアイデアで商品化している。7月に発売予定らしいので、一度試してみたい。

 

2022年05月03日

中国湖南省長沙市ビル崩壊

4/29に中国湖南省長沙市にある8階建て雑居ビルが突然崩壊し、少なくとも23名が閉じ込められ、7名が救出された。一方で39名が行方不明となっている。このビルは6階建て(4階建てとも言われ)のレンガとコンクリート混在造の雑居ビルで、飲食店、病院、宿泊施設、住宅もあったようだ。中国ではレンガブロックとコンクリート(下写真 提供:YOUTUBE 妙佛 Deep MAXより)の建物が結構多いらしい。中層ビルとしての強度は大丈夫なのであろうか?

 

2022年05月02日

陸上養殖盛ん

海上養殖で培った技術を陸上でおこなう企業が増えてきた。特に水処理技術、循環ポンプ、水槽、殺菌、水温管理などを組み合わせて、高生産性、低労働力、安全性、飼育ソフト技術などで海洋資源を維持するためのSDGsでもある。私としてはウナギの稚魚を卵から孵化する技術に期待したい。

2022年04月29日

太陽フレアで携帯電話が通じなくなる?

総務省のHPを見ると太陽表面が爆発(100年に1度)すると、一時的にコロナ質量放出(CME)と呼ばれる密度の高いプラズマが噴出されて、地球の電離層に乱れを生じる。このため、携帯電話や防災無線などが2週間ほど使えなくなるらしい。イーロンマスクのスペースXの衛星が既に40基消失したと伝わっている。通信衛星などが使えなくなると、この時期を狙って悪さをする人がでてくるかもしれないなあ。

 

2022年04月28日

冷凍食品、冷やし中華

在宅ワークが増えている中で、昼食をできるだけ簡単にする傾向にある。例えば、ラーメンであれば、乾麺が主体であったが、生ラーメン(冷蔵)、更に冷凍めんに総菜トッピング等が工夫されている。これから夏に向かって冷やし中華もお手軽な商品があり、ニチレイの冷やし中華は、電子レンジでチンするだけ。えー電子レンジで温めたら、冷やし中華にならないのでは?しかし、電子レンジのマイクロ波は、氷の固体は温まらないでそのままである。したがって500Wで3分半で出来上がってしまい、麺に氷が乗ったままである。驚いたなあ。しかも容器はポイ捨て。これはSDGsに反するけど、食器を洗わない便利さは捨てられない。写真提供:ニチレイ

 

2022年04月26日

ゼロエネルギー住宅の快適さあまりに!

ゼロエネルギー住宅(ZEH)で再生エネルギーも利用すると、本当に快適に過ごせるか?在宅の場合は、常にエアコンなどで温度管理しているので、家に居ると外が寒かろうが暑かろうがわからない。外出の用事で出かけようとすると、初めて天候がわかる。これから次第に暑くなり、湿度も高くなる梅雨時にはとても外出したくなくなる。また、体の体調も悪くなる。果たしてZEHは快適だろうか?

 イラスト:経済産業省 ゼロエネルギー住宅より

 

2022年04月22日

東レ製品の難燃規格UL94違反

京セラ、東洋紡に続いて東レがABS、ナイロン、PBT、PPS,LCP、PLA等6製品110種類米国難燃規格UL94に違反する製品を10年以上にわたり、自動車内外装材、家電製品などに提供していた。(4万9千トン/2020年) 日本の品質も落ちたものである。UL規格は難燃性評価でも厳しいもので、試験に合格するだけでなく、難燃剤を変更しないようにIR赤外吸収スペクトルで確認する。また、一定期間毎に調査がおこなわれる厳しいものである。試験に合格すれば良いというものではない。

参考用途例)東レHPに掲載されている自動車内外装材

2022年04月13日

リチウム電池の次は?

ノーベル賞を取った吉野先生のリチウム電池の限界が見えてきたようだが、ポストリチウム電池は何か?

 ナトリウム2次電池、マグネシウム二次電池、アルミニウム二次電池そして金属ー空気電池(金属でも亜鉛の研究)などが挙げられている。マグネシウム電池は、海水中にたくさんのMgが含まれているために、可能性が大きい。参考資料:日本マグネシウム

 

 

2022年04月12日

未来の燃料の製造法

液化水素の輸入が始まっているが、今年は20トン程度を予定しているが、2030年には300万トン、2050年には2,000万トンを計画している。価格は現在30円/Nm3で将来的には20円/Nm3以下になると、化石燃料と同等となる。川崎重工見込み(下表)

 

ロシアによるウクライナ軍事侵攻が続いているが、やはりエネルギー問題が各国課題となっている。日本も90%以上輸入に頼っているので、今更原子力発電が必要という声が再燃している。理想的には、グリーン水素(水の電気分解、太陽光による水素生成等)が理想であるが、現実的には化石燃料を頼らざろう得ない。しかし、褐炭と呼ばれる石炭(水分40-50%)は資源が豊富でこれまでエネルギーとして利用されてこなかった。このため、200-300年は使用可能というデータもある。様々な製造法でグリーン水素をもとめていくことが必要である。

 

資料:資源エネルギー庁

2022年04月10日

長野善光寺の御開帳で光触媒

善光寺の御開帳が始まった。回向柱が立てられ、抗菌作用を利用するために光触媒をスプレーコートしたと聞く。6月末までに3回の塗工を繰り返すそうだ。光触媒というと、苦い思い出しかない。私も十数年前に外壁の汚れ防止として検討したことがある。

① 頭上に首都高が走るとある銀行の外壁・・・・汚れが目立つとのことで、光触媒コーティングしたが、未処理の壁よりもかえって汚れが目立つ結果となった。これは汚染物質を分解する速度よりも吸着する速度が早いために、どんどん汚れが蓄積してしまったのが理由である。

②日本海側の原子力発電所建屋・・・・外壁が中国から飛来する黄砂で汚れるので、光触媒で分解できないかとの依頼で塗工をおこなったが、よく考えると黄砂は無機物質なので、光触媒では分解できないと後からわかった。

今は、蛍光灯の明かりでも分解するような光触媒が商品化されているし、水素発生装置なども開発されているので、頼もしい。

 

2022年04月06日

リサイクル時代からSDGs時代へ


2012年代には家電リサイクル法等の循環型社会形成の法律ができて廃棄物をいかにリサクルするか研究する時代であった。私もその時代の研究者のはしくれとしていくつかの廃棄物に挑戦していた。

① 製紙工場の焼却灰再利用
富士宮市にある製紙協同組合ではペーパースラッジと呼ばれる焼却灰を乾燥させてシリカパウダーの再利用を考えていた。 当時は、引き受ければ、10円/kgの補助金がでていた記憶はある。すでに舗装道路に混入する技術はあったが、私の研究では プラスチックの難燃剤として使えないかというもので、不燃になる効果はあったが、残念ながら比重が重すぎて加工工程で分離してしまい、採用に至らなかった。


② 竹繊維の再利用
京都などで伐採された竹繊維を再利用できないか依頼があり、同志社大学の藤井先生が研究(FRPに代わるカヌーの強度補強)されていたことをヒントに 廃木チップの強度補強に使えないか検討した。竹繊維は伸びていく方向には強いが、断面方向には弱いために、長繊維状で加工しないとだめである。 当時の技術では長繊維(中国製)とプラスチックを混合する技術がなく、研究を断念した。


③ ホタテの廃貝殻
北海道でホタテの貝殻(天然有機石灰)の粉末や造粒品を利用する研究でプラスチック強化材としての利用を検討していた。 当時、学校で使われるチョークを折れにくくするために、混合しているものが商品化された。当然シジミの貝殻なども検討されたが、
いずれもうまくできなかった。


 卵の殻
 卵の殻のパウダーを漆喰などに混入して建材として使われるのは承知していたが、もっとほかの使い方はないか考えたが、 当時の私のアイデアはうまくいかなかった。

 

いまや、SDGs時代となって再び脚光を浴びているので、是非商品化してもらいたいものだ。

2022年04月03日

上野公園の桜と宝石展

花見のシーズンを迎え、どこに行こうか考えていたところ、妻が宝石展に行きたいというので、上野公園に出かけた。蔓防が解除されたので、人出が多い。いたるところで柵がめぐらせてあり、宴会をやっている人はいない。寛永寺から撮った写真が奇麗だった。国立科学博物館で開催されている宝石展は予約制であったが、人は多く、特にティアラ、ネックスレス、ブレスレット、指輪など加工した宝石ブースは若い女性(ご婦人も)がじっと動かずひたすら写真を撮っていた。きっとSNSにのせるのだろうな。私にとって宝石は無縁であったが、科学的な視点でとらえた原石はとても興味深く、特にクロム、鉄、硫黄等若干含まれると、カラーバリエーションが変わることが面白かった。また、巨大なアメジストには唖然とした。

 

2022年04月02日

ウクライナが要望するSAR衛星とは?

ウクライナのゼレンスキー大統領が日本に要請したSAR衛星とは、なんだろうか?通常の衛星は、光学式で地球の地形をきれいに作図するものであるが、SAR衛星はマイクロ波で地形を立体的に作図するもので、雪が降っていても曇っていても天候に左右されず、作図が可能である。しかも地表面の凹凸をわずか数ミリ単位で計測できる。では、ウクライナは何をしたいのか?例えば、地雷の設置位置、ロシアの塹壕位置、森に逃げ込んだ兵士などの地表面の変位を再現できることを利用したいのではないかと想像する。


参考:Synspechitive(上図) ITmediaビジネス(下図) 

2022年03月26日

ゼレンスキー大統領国会演説に思う

3/23午後6時からウクライナのゼレンスキー大統領が議員会館で演説を行うというので、TVで見つめていた。始めに、細田衆議院議長が挨拶したが、江戸時代の絵巻物みたいなスピーチで、巻紙を朗読した感じである。これくらいの内容は暗記できないのか?これに対して12分ものゼレンスキー大統領のスピーチは原稿を見ず、素晴らしいものであった。ついでに三東さんの余計な感想かスピーチで締めくくられた。ああ、日本の国会議員の儀式に従ったセレモニーはなにか?相手は戦争中の危機感があり、時間が制約された中、なんたる平和ぼけであろうか?

大統領は別途日本の技術SAR衛星を貸してほしいとの要望があったようだ。これについては後述する。

 

2022年03月24日

東京電力逼迫

先日の福島地震で一部火力発電所が休止している中で、本日東京は2-4℃と大変寒く、暖房需要が急増し、電力不足に陥っているようだ。東京電力の事情は、93%以内に収めたいが、13時現在103%を超えている。このため、一時的な停電を防ぐために、中部電力、北陸電力、関西電力等に電力供給を要請している。東北電力でも電力不足が予想されている。停電が起きると、コロナワクチンの冷凍保存がダメとなって使えなくなってしまうし、近隣のコンビニやスーパー等の冷凍食品がダメになってしまう。今更、節電に協力しろと言っても無理ではないか?

 

2022年03月22日

おもちゃの世界からビジネスへ

マブチモーターといえば、小さいころから模型・玩具の電動用として親しんできたが、最近は何をしているのかと思ってHPを尋ねると、EV車やロボットなどに活躍していた。また、タカラトミーもプラレールやトミカで親しんできたが、今や月面探索機としてSORAーQとして活躍している。大変頼もしい限りである。

 

2022年03月16日

ロシアに対するウクライナ防衛武器

連日ロシアのウクライナへの侵略のニュースが伝えられているが、病院、学校、集合住宅更に原発施設などを無差別に攻撃している模様を見ると、虚しくなる。人間こうも好戦的だったのか?ウクライナが都市部で善戦しているのは、欧米による武器援助なのだそうだ。特に、ジャブリン、スティンガー、ドローンによる防衛のようだ。ロシア側に立てば、何も知らないで戦場に出た若者は可哀そうに思えるが、ウクライナ側に立つと、国を守るという意味ですごい。日本でもロシアによる津軽海峡への艦船通過や北方四島でのミサイル試射など物騒である。果たしてどうなるのか?

 

2022年03月14日

地震や火山爆発の原因は地殻変動か?

地震と火山爆発は関連している。地震は岩盤(プレート)同士のブレと言われている。しかし、そうでないケースもある。地球奥深くの地殻変動が影響しているのではないかとも言われている。このあたりの学問はまだまだ見えない。日本が沈没するとの説もあるくらいだから。

 

参考資料:気象庁HP プレートとマントルの関係

2022年03月07日

マンション窓のリフォーム

最近のマンションの窓はペアガラスが標準となっているが、そろそろ15-20年の改修するマンションでは、単体ガラスが一般的で、断熱性能を上げる方法として国や地方自治体が補助金を出している。但し、補助金をもらう場合は、賃貸部屋や法人が所有する社宅部屋のような場合は補助金は適用されないという。北欧等の寒い地域では、トリプルガラスが当たり前であるが、欠点は窓の開け閉めが重くなることである。高齢者にはちょっときついかも。下表は高断熱にすればするほど、窓の厚さが増えて重くなる。窓の断熱性能は、熱還流率U値が小さいほど、高い断熱を示す。

参考資料:サーマルマネジメント材料技術(サイエンス&テクノロジー)

 

2022年03月06日

テレワークによる自宅の背景変化

コロナウィルスの影響でテレワークを導入する企業が増え、自宅で会議する人が増えている。しかし、会議で映る自宅の背景は生活感が漂ってしまい、色々な工夫がされている。例えば、
① カーテンや布で背景を隠す
② パーティション・衝立を置く
③ 着脱可能な壁紙を貼る
④ VR背景を設定する  等々がある。着脱可能な壁紙は、借家の壁を単純に気分転換で利用する人も増えている。


2022年03月04日

たこ足配線による火災急増

最近の火災の原因は、寝たばこ、ストーブ、そして配線の発火などだそうだ。配線の発火は、自宅でテレワークする人が増え、IT機器と電気ストーブ等をたこ足配線して発火するものだ。これまでの配線発火事故は、コンセント等にほこりやチリが積もって発火するものであった。IT技術には長けているけど、たこ足配線の許容量を知らない人が意外に多いことには驚く。

参考資料:製品評価技術基盤機構(NITE)

 

2022年03月02日

ロシア ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナの首都キエフの高層マンションにロケット弾が命中した。ロシア政府は民間施設へは攻撃していないという。戦争というものは必ずしもそうならない。正確に命中するロケットであれば、あんなところに当たるはずもないのである。30年経過してロシアよりもウクライナの方が成長しているのであろう。ITに関する技術者も多く、日本でも欠かせない国となっている。おそらくプーチン大統領はもう国際舞台には立てないであろう。

 

2022年02月27日

音ハラ解消のボールペン

ぺんてるから発売されているボールペンは、ノッキング音がしないもので、若者に好評だという。確かにボールペンをカシャ、カシャ押しながら、物思いにふける人は昔は多かった。特に3色、5色なんて発売されると、隣でカチ、カチやっていて仕事に集中できなかったものである。最近の若者は、この音にも音ハラを感じるようで、このような商品が人気になるのだろう。

 

2022年02月22日

冷凍食品だけのお店

会津若松のリオンドールが冷凍食品のみを扱う店舗を展開している(Power of Frozen)。これは、コロナウィルスの影響で、家で食事を取る人が増え、冷凍食品をいくつか組み合わせた料理として注目されている。このような形態が成り立つのは、冷凍技術が進んできたことである。従来の冷凍技術は、冷凍するのに30分以上かかってしまい、素材の細胞を破壊してうまみを失ってしまうが、最近の急速急冷システムは、-30℃の液体に浸漬すると、数分で凍結するもの凍眠)や磁石や電磁波で冷風をあてるプロトン凍結(プロトン)などが知られている。


2022年02月18日

 神社仏閣等の防火対策

神社仏閣などの防災システムには数千万円の費用が掛かるらしい。重要文化財であれば、費用を賭けられるが、町の近くにある神社ではとてもできない。せいぜい消火器を設置するくらいである。和歌山大の先生が温度、湿度、CO2センサー(15,000円位)を設置してスマホで管理できるシステムを開発したと聞く。一般家庭の台所にも応用できるのではないか?

 

2022年02月16日

軍事用クローンの撃退方法

最近は人で不足で運搬業界でも積極的にドローンを使った配達を検討しているし、空飛ぶタクシーとしての実験も始まっている。騒音は今回置いておいて、軍事用ドローンを使うと、無人爆撃ができてしまう。これは極めて危険な道具である。どうにか止められないか?
色々調べてみると、ちゃんと考えている人はいる。高出力のマイクロ波あるいは高出力レーザーとの組み合わせがあるらしい。


2022年02月15日

スキージャンプの服装違反

今回のオリンピックから正式競技としてスキージャンプ混合団体において女子の服装のみ日本の高梨を始めとしてドイツ、ノルウェー、オーストリア5名が違反して失格となった。
なんでもスーツの誤差が2cm以上あって協議後抜き打ち検査をおこない、しかもいつも異なる測定方法(バンザイの形)、かつ男子の測定チーフが乗り込んできたという。
ボクシングでいえば、KOで勝った人が試合後体重測定するようなものだ。今時、アナログな測定方法だなあと感じる。AIによるデジタル測定をするべきと思うが? 写真提供:YOUTUBE Public Entertainment Channel


2022年02月14日

新潟製菓工場火災に思う

6名の死者を出した製菓工場の火災で、直火による加熱炉を休憩時間中にラインから離れたことは考えられない。恐らく監視要員は居たかもしれないが、過去にも8回の小規模火災やボヤをだして原因が加熱炉のせんべいのカスが炭化して火災に至ったという。私も直火の加熱炉のラインを経験したことがあるが、炉内は材料のカスが溜まりやすい。これを防ぐためには、ラインを完全に止めて、月1回または2回の清掃時間を設けるのが当然の安全管理である。加熱炉内は炉の熱収縮などで天井や壁に付いたカスが脱落しやすく、火災の原因となる。同じ間違いを何度も経験していてその対策もできず、死者を6名も出すことは、あまりにもむごい話である。

 

2022年02月14日

韓国インスタント麺 有害物質検出

韓国産のインスタント麺は日本でも人気があるが、EUでは違法薬物が混入しているとして輸入停止となっている。問題の薬物は、2クロルエタノール2.8ppm検出され、EU基準の56倍となった。更に発がん性物質のエチレンオキサイド0.05ppmも入っていた(EU基準158倍)一部の商品だが。一方で日本の原発事故で放射性物質があるとして10年以上輸入規制が続いている。証明書を添付してもである。乾麺だけでなく、えごま、青とーがらし等も違反しているらしい。食品問題は、健康に害があるので、本当に気を付けなければならない。

 

2022年02月11日

北京オリンピックの人工降雪

北京オリンピックの雪はすべて人工降雪機やロケット弾によるものであるらしい。ロケット弾は145発雲に向けてヨウ化銀を打つと、1cmの降雪があった。一方、人工降雪機は、300機導入して雪が溶けないように化学薬品を混ぜてある。TV画面で観ると、土や草が一部見えて選手がケガをしそうである。更に気温も-20℃前後と異状に低温であることも問題である。欧米の環境に厳しい規制では、これらの人工降雪は今はやりのSDGSに反する。今後冬季オリンピックを開催することはできない予測もある。2010年バンクーバー(カナダ)では雪不足で、トラックでよその地域から雪を運んだらしい。2014年ソチ(ロシア)では、40%の人工雪を使った。更に2018年平昌(韓国)では、80%の人工雪となった。そして北京ではついに100%に達してしまった。アルペンスキーなどは大変危険ではないか?

     ロケット弾による降雪                             人工降雪機による積雪

2022年02月05日

北京オリンピックあと3日 コロナ陽性者は?

いよいよ北京冬季オリンピック開催まで3日とせまってきたが、完全バブル体制で日本より厳しい対応を取っているものの既にコロナ陽性者は33人になっている。検疫では23日以降、合計241人が感染しているという。なかなか厳しい環境にあり、選手が本来の力を出してもらいたいものである。

写真提供:NTTドコモ

2022年02月01日

水道管塗料の不正

水道管(鋳鉄管)の錆止めに使われる塗料(K139認証)で神東塗料が不正をおこなった。本来の乾燥条件よりも高い温度でおこなって早く乾く不正をおこなった。水道管は国内の塗料メーカーを指定しているのは、海外品で不正規の塗料が使われた場合、人体に影響があるためである。しかし、国内で不正がおこなわれることは、重大な問題である。日本の技術も落ちたものだ。

 

2022年01月31日

ステルスオミクロン株

コロナウィルスはどんどん進化して今はやっているオミクロン株(BA.1)の亜流ステルスオミクロン(BA.2)が流行しつつある。既に40カ国以上に汚染されており、日本でも増えているようだ。ステルスは現在のオミクロン株よりも1.5~2.5倍の感染力がある。毒性はまだ未定。PCR検査などではどちらの株か判断できないようだ。オミクロン株は2月初旬をピークとしているようだが、ステルス株が流行すると、第7派として3月にピークが来るらしい。どこまで変異が続くのか?

 

2022年01月28日

イルカ50周年コンサートへ

日本放送主催のイルカ50周年コンサートへ有楽町フォーラムAで観客制限なしで開かれた。ゲストは南こうせつ、伊勢正三、杉田二郎、尾崎亜美夫婦(夫は元サディステック・ミカ・バンドのベーシスト小原礼)の豪華ゲストのほか、サプライズゲストとしてさだまさしが出演した。また、息子の神部冬馬も登場し、亀吉クンの声を再現するような歌声でした。全体として50年前のオーソドックスなヒット曲を中心に途中休憩をはさんで3時間あまりの講演で、一番サプライズは、71歳になるイルカのミニスカートが見られたことだろうか?

 

2022年01月24日

シャープの調湿材

シャープがどの温度でも5%間隔で調湿可能な材料「調潤」を開発した。主に工芸品、工業用品、嗜好品などの保存に適しているという。一般的に楽器などは乾燥剤をいれて保存するが、乾燥してしまい楽器に悪い影響を及ぼすが、今回の調湿材は40%程度にもコントロールができるために、画期的である。素材はビーズタイプとシートタイプにも可能らしい。調湿材といえばゼオライトが有名であるが、今後は住宅の部屋にも応用できるといいなあと思う。私も以前、さつきで有名な鹿沼土(アロフェン)の研究をしたことがあり、その保湿力が魅力で、その後産総研などと「イモゴライト」(湿度90%でも吸湿する素材)に着目したが、商品化には至らなかった経験がある。

 

2022年01月20日

パナソニックのドアフォンの発煙問題

パナソニック製の戸建て住宅用のドアフォンが発煙する問題が発生しているが、原因は電子部品コイルの難燃化に使用している赤燐が問題となっている。赤燐は安価で難燃性を得やすい難燃剤であるが、樹脂中(PBT)の赤燐はイオンマイグレーションを起こして発煙、発火に至るようだ。

赤燐と湿気と反応してメタリン酸を生じ、更にリン酸となる。これらは電解質であるために、樹脂が導電化しやすい。そのため、電子反応によって樹脂が発煙、発火しやすくなるものである。この原因は既に解決しているようで、東南アジアの部品としてスペックが異なっていたためと言われている。一般的に考えると、親会社にだまって安価な材料を導入していた感じがする。

 

2022年01月18日

ホームページの不具合

このHPも数年運営しているが、最近トップページのアニメーションが動かなくなったり、最近の火災ニュースが掲載されなかったり、コントロールできない状況が続いている。何をいじれば直るのかお手上げ状態である。新たなHPを作成してリニューアルするのがよいのだけど、だんだん製作意欲が薄れてきて、ここ3か月フリーズしたままである。嘆かわしいかな、老齢化にはかなわない。それでも日経産業新聞で新たな素材開発ニュースにはときめく情熱はまだ持っている。

2022年01月18日

空振

トンガで海底火山の噴火があり、トンガの首都の状況はわからない。この爆発で、大気圧がPa上昇することによって「空振」がおこり、海面を押し下げて津波をおこす現象があった。トンガでは数十cmしか潮位が隆起しなかったのに対して日本では1.2m(予測3m)の津波が観測された。米国カルフォルニアやペルー海岸でも津波が観測されている。気象庁は、津波とは断定せず、新しい現象であると発表している。このほか、衝撃波も観測されているという。南太平洋で噴火や地震が起きると、南海トラフや東日本地震がおこるのではないかと不安を抱いてしまう。

 

2022年01月17日

メタバースが普及か

先日米国ラスベガスで開催されたIT家電見本市(CES)でも話題となっていた仮想空間のメタバースについて日本ではパナソニックが参入することが話題になっていた。3D仮想空間については、2000年初めに「セカンドライフ」が一時ブームとなって私も本を購入して勉強したことがある。仮想商店街で買い物をしたり、サーフィンやダイビングで屋外レジャーを楽しむなどが経験できた。何故ダメになったか?仮想コインの取り扱いであっただろうか?今はビットコインなどがあってメタバースはより現実に近いものとなりつつある。しかし年寄の私にはわからなくなってしまった。

 

2022年01月13日

ソニー EV車参入

ソニーはカメラの視覚センサー技術とアイボ、プレイステーションの技術を組み合わせたEV車の事業に参入する。自動運転と車内でエンターテイメントを生かした新しい車の在り方を示す。当然、車体製造技術はないので、どこかの自動車メーカーと組むことになるだろう。トヨタかホンダか、日産かも。本当に行先だけを入力して運転手がいらなければ、家族でエンターテイメントととなるだろうなあ。

 

2022年01月07日

培養肉

培養肉は細胞をウシやブタ、トリなどから採取し、それを増やした後、増やした細胞を用いて組織を形成することで作られる(図 1)。培養肉は少量の組織から採取した細胞を何倍にも増やしてから作るため、食肉のために犠牲となる動物を減らすことができる。また気候変動に左右されない肉生産が可能であり、省スペース・省資源で作ることができることから、環境保護や食料安全保障の観点からもメリットがあると考えられている。さらに細胞培養や組織培養は衛生管理された無菌状態で行われる。そのため、食中毒の発生を抑えることができ、従来よりも安全で保存がきく肉となる可能性があります。(出典 東大バイオハイブリッドシステム研究室)

牛は反芻する時にメタンガスを発生し、オゾン層破壊の原因となっているので、良い研究だとは思うけど、口の中にいれるものであるから、健康被害はないのだろうか?しかし、将来的には代替されていくと言われている。

 

2022年01月03日

2022年謹賀新年

明けましておめでとうございます。年末年始にかけて高齢者の住む住宅火災が多発しています。特に電気ストーブの便利さから火災が起きるケースが増えている。更に、仏壇にろうそくの火が倒れ、引火するケースも多い。気を付けなければならない。一方で防げない火災も大阪の曽根崎で起きた。心療内科のスタッフ、患者25名の死者を出した放火事件だ。これは単純な放火火災ではなく、殺人事件と言ってよい。防火ドアの目地をガムテープで塞ぎ、消火栓のドアも接着剤で開かないようにし、更に逃げないように犯人がとうせんぼして奥の部屋に追い込む等悪質極まりない。古いビルでは、非常階段はエレベターと併設され、奥側に非常階段がもうひとつ設置されていないことを犯人は十分知っていた。なんとも痛ましい事件であった。亡くなった人には心からご冥福を祈る。 合掌

2022年01月02日

Sonyの柔らかなものをつかむロボット

数年前には、ロボットの筐体を研究していたことがある。将来、家庭用ロボットが普及して人とロボットがぶつかってケガをすることが予想された。当時は、いかにロボットを制御するかが主流で、シリコンやウレタンの弾性体で包む発送はなかった。今回ソニーが発表したバラやケーキもつかむロボットを見て科学の進歩を感じられずにいられない。更に人と触れる温度のぬくもりも追及されるだろう。

 

2021年12月22日

大阪雑居ビル火災


昨日大阪の北新地でおきた雑居ビル火災は、4階の心療内科で患者だった人が可燃性液体を電気ストーブの前で火をつけたことで、24名が死亡し、4名が負傷した事件は、火元がエレベーターや非常階段付近であったために、逃げ口のない奥の方へ大勢が逃げて一酸化炭素中毒で亡くなった。大変痛ましい事故である。このビルに慣れている人であれば、非常階段の鉄扉(防火壁)を開けて逃げられたかもしれないが、患者であればわからないし、火元の方は逃げにくい。それにしても放火であるとすると、不運としか言いようがない。資料提供;NHK

追記)12/23現在 当初電気ストーブに向けてガソリンを撒いたと報道されていたが、その後防犯カメラで確認したところ、二つの紙袋を置いて、ライターで着火した。非常階段に来ないように放火犯は、とうせんぼをしたため、多くの人は奥の診察室の方へ逃げた。更に判明したことは、非常階段の外側から目止めをしていたことや屋内の消火栓の扉が開かないように接着剤を流し込んでいた。かなり準備周到の放火であった。

2021年12月18日

漂流中の軽石をゼオライト化

小笠原にある海底火山の福徳岡ノ場の噴火で軽石が漂流していることが問題となっているが、鹿児島県工業技術センターと神奈川県立産業技術総合研究所が漂流した軽石を水酸化ナトリウムのアルカリ溶液で100℃で煮沸することで、ゼオライトになることに成功した。ゼオライトは広く吸着材として利用されており、原発から出たセシウムの吸着材としても有名である。日本人はこういう技術を素早く開発すること感心するばかりである。一説には8.5億m3の軽石が噴出しているので、再利用法が検討されていた。

 

参考資料:ゼオライト化

2021年12月04日

コロナウィルス オミクロンの脅威

南アフリカで発生したオミクロン株が脅威だとTV報道で知った。アルファ、ベータ、ガンマ、デルタの次らしい。既にWHOが認定している。既に欧州にも広がり、アジアの香港でも二人発症していて、一人は南アフリカで感染して隔離されていた。もう一人はカナダからの旅行者で隔離されている隣向いの部屋にいて感染したらしく、感染力が強力で、これまでのワクチンが効きにくいとのことだ。せっかく日本ではデルタ株が沈静化しているのに、海外から入ってくる危険性がたかい。いつまで続くのかコロナ変異は?

 

2021年11月28日

ハバナ症候群とは?

政府高官を狙った新たな兵器と言われたマイクロ波による攻撃。当初、2017年にキューバの首都ハバナで米国政府高官が頭痛、耳鳴り、めまい等が発生し、一時米国とキューバが険悪な状態となった。その後、2021年になって州やアジアでも同様な現象が起きて、covid19のようなパンデミックになりそうな予感がしていた。米国の学者が集まって調査した結果、マイクロ波では発信装置が大がかりであり、疑問が残る。更に究明した結果、コオロギによる音波攻撃(高周波)による神経系疾患を引き起こすものと結論づけた。しかし、世界各地で発生しているところで、コオロギ説は疑わしい。なぜ政府高官だけがなるのかも疑問。世の中不思議なことばかり。

2021年11月13日

温暖化で海面上昇すると!


引き続き、地球温暖化で海面上昇すると、関東平野はどの程度水没するか?このまま何も対策を取らないと、一般的に気温1.5-3℃上昇すると言われる。関東平野でみると、東京都心は水没してしまう。まるで、日曜劇場のドラマ「日本沈没」が予想しているみたい。

参考資料:Global Sea Level Rize Map

2021年11月04日

温暖化ガス、次はメタン

現在ロンドンで開催されているのは、COP26。私がかかわっていた頃は、京都議定書(COP8)でフロン問題をどうするか議論されていた。当時は、メタン、一酸化窒素、六フッ化硫黄などあったが、特にメタンの規制には疑問譜が付いた。なんといってもメタンガスは、牛の反芻によるげっぷや畜産で発生する排泄物によるものが大きかったため、米国が猛烈に反対した。最近では、天然資源(石油、天然ガス)の漏れの影響も大きいため米国も規制に乗り出した。CO2全廃目標は、英米日が2050年、ロシア・中国は2060年、そしてインドが2070年と気の遠くなる話である。

 

2021年11月03日

次のTV?

私のTVは、15年以上前のビクター製(液晶はアクオス)のTVを使っているが、スピーカーに問題があり、話している声がくぐもる感じで、音量を上げると、音楽の音が異常に高く聞こえてくる。高齢者向けの無線スピーカーを検討したが、あまりぱっとしない。そろそろ変え時かと思って電気店でTVを比較してみると、有機ELが人気らしい。しかし、最近ミニLEDTVが脚光を浴びだした。アップルの新規パソコンも有機ELでなくてミニLEDを採用している。輝度が有機ELの1.3倍明るくなったらしい。更に、ミニLEDを超えるマイクロLEDも近く販売されるらしい。こちらはかなり高額となるので、普及はもっと先かな。理屈をみるより、実際に画面を見た方がわかりやすい。ただ、大画面なんか家に必要だろうか? 

参考資料:https://bablishe.com/about-mini-led-display/

 

2021年10月29日

立体迷路の床抜け事故

10日午後2時過ぎ、兵庫県加東市にある「東条湖おもちゃ王国」内の立体迷路施設で、床がぬける事故があり、利用者7名が3階から2階に落下した。直前にはぎしぎしいう音もなく、あっという間に落下した模様である。横木付近に腐食があり、日常点検で発見できなかったようだ。のざらしの木材はやはり腐食するのが当たり前で、点検方法に問題がある。点検の規制はないという。昭和世代の人なら、きっと見つけて対処していただろうに。。。。。写真提供:関西テレビ

 

 

2021年10月15日

ガソリンの値上げ167円/L

ガソリンの値上げが半端でない。140-150円/lで推移していたと思っていたら、ここにきて一気に160円を超えた。ハイオクに至っては170円である。原因は産油国の減産とコロナ禍の経済復興によると言われている。私も一時1,000km/月走っていたものだが、この頃は、1年で1,000kmの有様だ。電車の方が便利ということもあるが、遠乗りがおっくうになってしまった。歳のせいだろうか?

写真は、大分県のガソリン価格

 

 

2021年10月15日

5Gの次はIOWN光通信

次世代通信として省エネ、脱カーボンの光で通信するIOWN (Innovative Optical and Wireless Network)構想は、2030年を目指してNTTが開発しているものである。現在普及過程にある5Gは高速ではあるが、電気通信であり、通信距離も短いために、中継基地局がものすごく必要である。そこで光に目をつけたのだが、まだ具体的な技術は私には理解できていない。(苦笑)

 

2021年10月01日

紛状CNFを靴底に

丸紅と中越パルプが開発したプラスチックとの分散性のよい植物由来のCNF(セルロースナノファイバー)をスニーカーの靴底にすることで、従来の靴底に比べて耐摩耗性を30%向上したという記事を読んで、きっと高価なものだろうと思ったら、一足2万円余りする。(写真)デザイン性もあるが、学童靴の世界は、3千円レベル、ビジネスシューズでも8千円、リーガルの低位価格帯の本革シューズでも3万円台である。子供はすぐに乱暴な遊びで靴底をダメにするので、一見いいものができたと思いがちだが、子供の成長の方が早いので、長持ちする靴もあんがいダメなのだ。CNFはEV車の重量軽減に検討されているので、そちらの方が本線だろうなあ。

 

2021年09月30日

SDGs時代のフードロス

東京オリンピックパラリンピック組織委員会は、オリンピック期間中に20会場でお弁当13万食(廃棄率25%)を処分したという。一応SDGsの組織委員会がきちんと管理していたというが。例えば、選手村の24時間食事サービスでの食品廃棄はどうであったのか?TBSの報道特集では、残った食料は目分量で報告書に記載(残りが全体の1割と2割とか)これに対して組織委員会は、きちんと計量して廃棄した回答しているが、実際の数値は報告されていない。橋本会長は、東京オリンピックのSDGsをレガシーとしたいと述べている。昔からどんぶり勘定という言葉があるが、今の日本どうしちゃたんだろう。宝島社の一面広告が目に浮かぶ。写真提供:ロイター

 

2021年09月28日

親ガチャ

変な言葉が流行っているらしい。「親ガチャ」なんでも子供がこんな家庭に生まれなかったらよかったと自分の環境に文句をもっているらしい。自分の夢努力でどうでもなるものを全部親のせいにする。最近秋篠宮家でも真子様、佳子様も文句があるらしい。「皇室なんかに好きで生まれてきたのではないと。。。」もっと自由に生きられるのにと。

本当の意味で親ガチャとは、親の虐待で幼児を死亡させてしまったケース。これは子供に取って親ガチャだと同情できる。

イラスト提供:printerest

 

 

2021年09月25日

原発排水は海洋へ放出

福島原発でトリチウムを含む排水(約1,000万m3、トリチウム1000兆Bq)を海水に放出することが決定した。現在IAEAが調査を行っているが、WHO基準では、6万Bq/L以下の基準を1/40の1,500Bq/lで沖合1kmへ放出する計画である。これがよいかわるいか議論されているところであるが、原発のある国ではトリチウムほ放出量はかなり多いことが指摘されている。だから流しても問題ないか?トリチウムは、水に溶けて分離しにくいが放射能の半減期は12.5年である。その間にどのような影響があるか検証しながら、放出してほしいものである。

資料提供:NHK

 

2021年09月07日

ゴールボールでけが

パラリンピックはこれまでより面白く、ボッチャ、ゴールボール、車いすバスケット、ラグビーなど熱戦であった。この中でゴールボールについて床面が滑りやすいと日本人監督が指摘したが、改善するのに時間を要した。このため、選手がけがする事態となった。原因は床面に除菌剤で拭く際にグリセリンが含まれていたために、滑りやすくなった言われている。急遽他の除菌剤に変更されたが、IOC事務局の武藤事務総長曰く、グリセリンが滑るなんて聞いたことがないとの見解であった。健常者でも危ないのに、視覚障害をもつ選手にはかなり危険である。事前にスリップ検査をしていなかったのだろうか?日本の危機監理は大丈夫? 写真提供:毎日新聞

 

 

2021年09月06日

自動運転バス事故を起こす

オリンピック選手村で自動運転EVバス「e-Pallete」(トヨタ製)が、視覚障害をもつ柔道出場予定の選手と接触事故を起こし、出場できなくなる事態となった。安全であるはずのバスがなぜ事故を起こしたのか?選手村内のT字路を右折しようとしたバスが、交通誘導員を見つけて自動停止した。車内には二人のオペレーターが乗車しており、安全確認後、発車ボタンを押したところ、近くにいた視覚障害の選手が横断歩道を渡ろうとして接触した。この時、オペレーターは人がいるのを気づいたけれども、まさか渡るとは思わず、また視覚障碍者だと認識しなかった。これは、自動運転のバスに問題があるのか、オペレーターによるヒューマンエラーなのか微妙なところである。自動運転技術というとどうしても人間側がその技術を過信してしまい、判断がにぶったように思われてならない。100%安全ということはないのだから。

 

2021年08月28日

中国10階建てマンションを29時間施工

中国の話なので眉唾ものであるが、10階建てマンションをわずか29時間で施工してしまうらしい。種を明かせば、一部屋ごとにユニット化して現場で組み立てる方式(日本でいえば、セキスイハイムのマンションみたいな?)である。なんでもステンレス管を使うのが味噌であるが、基礎工事などに時間がかからないのか?地震の多い日本では、基礎工事が大切であるが。。。。なんでもこの工法で60階建てマンションも可能で震度7に耐えるとか?写真提供:JNNニュース

 

2021年08月25日

新宿区ガス管事故

21日にガス管事故が発生してから、今日までいまだに復旧されず、6000戸余りがガスが使えない状態にある。なんでも水道管とガス管が40-50cmの距離で平行に埋設されいて、水道管が一部破裂してその水の勢いで土砂がガス管にあたるサンドブラスト現象(砂で研磨されて配管を破る)がおこり、ガス管に土砂と水が入ったために、配管を洗浄、乾燥するのに時間が掛かるらしい。もう一方で、どちらに非があるか保障問題になっている。

 

2021年08月24日

パラリンピックの開催近い

パラリンピックが24日(火)から開催される。世界160カ国から4,000人の選手が集う。このコロナ感染拡大、特に子供の感染が増えてきている中でパラリンピックを観戦させようとしているが、クラスターにならないのか心配だ。お台場には、五輪旗に代わってパラリンピックの象徴旗に置き代わっている。写真提供:とよすと

 

2021年08月22日

次世代テレビ 量子ドットか?

オリンピックを契機に4Kテレビ(有機EL)が売れているが、次のTVが、8K、大画面だそうだが、有機ELよりも色再現がすごい量子ドットTV

(QLED)らしい。詳しい解説は、価格コムマガジンに掲載されている。開発の先頭に立っているサムソンは、販売について微妙な模様。私にとっては100インチの大画面を提供されても設置する部屋の大きさがない。トホホである。画面が鮮明になることで困るのはやはり女優さんかなあ。

 

2021年08月21日

オリンピック 障害馬術の「はりぼて」とは?

オリンピックの話題の中で、笑ってしまうのは障害馬術競技に使われいる障害物のはりぼてである。日本らしく力士、だるま、舞子、桜、富士山、日本刀、寿司などがある。なんか江戸時代の日本みたいな感じがする。もう少しセンスがほしいね。馬が驚いて各選手減点が多かった『だるま』が決勝では変更となって東京五輪のシンボルマスケットに変更になったとか。事前に騎乗してチェックしなかったのか?

近代5種のドイツ女子選手は、馬がまったくいうことを聞かず、飛ばなかったり、障害をよけたりして選手を泣かせてしまった。監督が馬を蹴ったという話もある。(決して駄馬ではなく、馬具が合わなかったり、前に騎乗したロシア選手が叩いたために不安体だっとか)

 

 

2021年08月14日

オリンピック 空手

オリンピックに空手(組手と型)が東京開催だけ採用された。形部門では、喜友名さんと清水さんの演技が素晴らしく思わず見入ってしまった。それにもまして礼で始まり礼で終わる礼儀は外国の選手を含めて素晴らしいものがあった。柔道なんかよりも遥かに礼儀正しいものであった。     一方で、組手では、75kg超級の決勝戦で、廻し蹴りで相手を気絶させたイランの選手が反則負けで破れ、気絶していたサウジの選手の優勝が決まった。ルールとして『寸止め』しないといけないらしい。空手はスポーツとして適しておらず、本当に勝負したら、やはり相手は倒れてしまう危険な競技だと知った。確かに空手の亜流であるテコンドー(韓国発)の方がスポーツに適している。(写真提供:NHK)

 

2021年08月11日

オリンピック ゴルフ

若い時代にゴルフをちょっとかじっていたので、オリンピックのゴルフをずっとTVにかじりついて観ていたので、銅メダルのプレイオフを途中でNHKが中継をやめてしまったのは、残念であった。帽子をかぶらないマキロイを応援していたのに。。。。優勝争いをしていたシャウフェレ(米)と松山はマスターズで争っていて今回はシャフェレが優勝した。松山は15ホール以降、パットがぶれていたので勝てないなあと感じていた。でもコロナに罹って練習もできなかったのだから、仕方がないと思う。

 

 

2021年08月03日

オリンピックをTVで観戦

新スポーツのサーフィン、スケボーストリート等はルールがまったくわからず、ぼーと観ているだけだが、名の知れた体操の内村、重量挙げの三宅、水泳の瀬戸、入江等はことごとく破れ去った。やはり時代の流れというものかと思っていたが、ソフトボールの上野投手は半端ではなかった。13年も辛抱して待って、米国に勝った。驚いたのは、米国でもアボットなどがいて北京五輪にタイムスリップしたようだ。

コロナ感染が拡大する中で、オリンピック中止論が盛んであったが、いざ始まるとやはり見入ってしまうのは、私だけか。

2021年07月28日

炭素税導入について

石油、天然ガス、石炭等化石燃料について炭素税を導入する計画がある。従来から石油石炭税があり、原油・石油製品は1キロリットル当たり2,040円、ガス状炭化水素は1トン当たり1,080円、石炭は1トン当たり700円となっています。これにCO2排出量として1トンあたり289年が上乗せされる計画である。かなり経済を疲弊させる政策であるが、この化石燃料に代わる新しい原料を見出すことが先ではないか?課税することは簡単であるけど、相変わらず政府の提言は危うい。資料は、財務省のホームページより

 

 

2021年07月18日

熱海盛土崩壊事故

熱海の集中豪雨で谷埋め型盛土(5.4万m3)が崩落して大惨事となった。盛土というのが正解なのか、建築残土あるいは産業廃棄物とも言われている。3000m2以上の埋め立ては、集土採取等規制による許可が必要となるが、認可されると中間検査や最終確認も行われないので、一度認可されるとなんでもOKとなってしまう。最近リニア新幹線でトンネル工事で出た残土をやはりどこかに運ぶ計画もあるようだが、注視しなければならない。特に谷型盛土では、土を締め固めること、土留めの壁、外構の補強、排水設備などが必要となるが、熱海では一切考慮されていなかったようだ。

 

2021年07月11日

6/28オリンピック開催問題

東京が緊急事態宣言下でもオリンピックはやる(無観客でも)気でいる政府。この後始末はどうとるのか?楽観的な私でも世界情勢を考えると、大丈夫であろうか。いままで安全宣言していた欧州やイスラエル、オーストラリア、台湾さえ再び厳しい措置がとられ始めている。世界200カ国、7万人が一挙に東京に集まってくることは考えただけでも恐ろしい。ボランティア7万人も安全か?日本発の変異ウィルスの発生が懸念される。

 

2021年06月29日

6/25大阪市西成住宅崩壊事故

マイアミのマンション崩壊と同じような崩壊が大阪でも発生している。25日午前7時すぎ、大阪市西成区天下茶屋東の住宅街で、法面に建設されている2階建て住宅2棟が連なっているうちの一棟が崩落し、午前10時半ごろ、もうひとつの住宅も崩落した。さらにもう一棟崩落する危険があるという。住民は、既に避難していて無事であった。近くで工事をしていたらしいので、地盤沈下かなんかであろうか?

写真提供:Ameblo.jp



2021年06月26日

6/24マイアミ高級マンション崩落事故

24日午前1時半ごろ(日本時間同日午後2時半)に、米国フロリダ州マイアミ近郊にある12階建て高級マンションが突然崩落し、死亡者4名、行方不明159名と発表されている。生存確認した結果、120名の無事が確認されている。
このマンションは、マイアミビーチ近くに建設され、40年経過している。136戸のうち、55戸が崩落している。原因を究明中であるが、以下のことが推測される。
1. 構造上の欠陥(鉄筋が正しく施工されていない)
2. 工事中で地盤沈下がおきていた
3. コンクリートに海砂が使われて塩害によって鉄筋が腐食して強度が低下した
いずれにしても崩壊の仕方がおかしい。
写真提供:CNNニュース


追記)2021/7/15 死者95名を確認

2021年06月26日

野村不動産X清水建設の不具合

野村不動産と清水建設が手がける建設中のマンション『プラウドタワー武蔵小金井クロス』で工事不良が発生している。716戸の大型タワーマンションで、以下の問題が発生した。

1.防音設備・・・二重床の遮音性能を出すゴムが施工されていない。

2. 耐火設備・・・メーターボックス内の耐火ボードを留めるタッカーが基準通りに施工されていない。

3. 耐水設備・・・水回り部分で耐水石膏ボード仕様が汎用の石膏ボードが施工されている。

現在は販売中止されている。この建物は、ウェストが26階建て、イーストが24階建てとなっている。超一企業といわれる清水建設の設計ミスとは思われない。現場での下請け企業の指示ミスであろうが、どう対応するのであろうか?

 

2021年06月19日

2回目ワクチン接種を終えて

2回目は同じ会場なので、段取りがわかっていたせいか安心して受けられた。2回目の方が、筋肉痛、体のだるさ、唇が乾くなどの反応がでたが、2日後には、回復した。でもインド株は効くのだろうかと不安となる。当分はマスクは必須だし、人混みの中には行かないつもりだ。

2021年06月12日

ガラケーはいつまで使えるの?

私の場合は、パソコンとi-Padミニを使ってネット利用しているので、ずっとガラケー(dokomo)を使っている。最近NTT(ドコモを吸収)からそろそろガラケーからスマホ(楽々フォンゼロ円)に機種変更しては如何ですかと言われた。なんでもNTTは2026年3月末、auは2022年1月末、ソフトバンクは2024年3月までで3Gサービスを終了するらしい。電話とメール、SMS以外は使わないので、最後までガラケーにしがみつきたい。スマホの画面は小さすぎるし、大画面を使うと携帯しにくいし。こんな高齢者は山ほどいる。もっと驚くのは、ガラケーも使わない人も多くいる。私の親戚でもいまだに黒電話が存在している。

2021年06月11日

パブリックビューイング設置騒ぎ

オリンピックの強硬実施に向けて代々木公園を代表とするパブリックビューイングの設置が始まった。都内ではこのほか、上野公園、日比谷公園、井の頭公園でも設置される予定で、35,000名を予定しているようだ。人脈を避ける基本方針とは異なり、周りに売店を設けるとも言われている。もし許可するのであれば、飲食店や居酒屋などの営業制限も解除しないと不公平となる。恐らく7月末のオリンピックには団塊世代の活発な老人達が2回目のワクチン接種を終えて、歩き回ると予想されるので、こういう施設に積極的に参加するような気がする。

 

追記) 人流問題で避難され、小池知事は慌ててワクチン接種会場に変更した。その後も、各PV会場は中止する動きとなっている。

2021年06月01日

一回目ワクチン接種

インフルエンザも肺炎球菌のワクチンもまったく問題なかったのに、covid19のワクチンは2日間筋肉痛が続いた。すでにワクチン接種済みの医療従事者の話では、2回目の方がひどくなると聞く。腕があがらなくなるほど、痛いひともいるという。もっとも免疫力の強い若い人ほどひどいらしいが、年寄の私にとって問題ないらしい。私の区の接種会場は住宅街から離れていたせいか帰りのタクシー補助券が出た。はやく一般の人にも打って安心したいものだ。逆に2回目も接種した都会の老人が暴走する可能性も感じる。

2021年05月24日

透明な木材?

木材を使った新しい開発では、セルロースのナノファイバー、リグニン成分のフェノール核や接着剤などがあるが、透明な木材は初めて聞いた。米国メリーランド大の研究では、2段階プロセスで最初に、維管束植物に含まれる有機物質のリグニンを化学処理を行って取り除く。(茶色→透明)次にこの繊維束にエポキシ樹脂を注入して強度を高めて完成するらしい。ガラス窓の代替として断熱性能に優れるために、冷暖房の効率がよくなることは当然であるが、スケルトンの建物の可能性も興味深い。

 

2021年05月13日

コロナワクチン接種予約への挑戦

ようやく私の住む町でも65歳以上のコロナワクチン接種予約システムが開設され、早速パソコン2台とi-Padおよびコールセンターへの電話を準備してスタート時間を待った。パソコン2台はサーバ混雑のため使えず、コールセンターもダメだった。やはりダメかと思いきやi-Padがうまく繋がり、ログイン体制となった。手順通り、接種番号とパスワードを入れると、メールアドレスを聞いてくる。メールの返信で届いたURLで予約できるようだ。会場選定、予定日、時間などを入力するが、時々エラーが発生する。こんなエラーはいつも経験しているので、あちこちいじって、なんとか予約達成する。再度2回目のワクチン日程も確保して無事予約ができた。後から、メールで確定通知が来た。しかし、これを高齢者にやらせるのはやや無理があるなあ。コールセンターもつながらないし。。。。。3時間経過してもサーバ混雑と表示された。システムがパンクしないだけでもよいとするのか?

2021年05月06日

アパート階段崩落事故

4/30に八王子市のアパートで階段の一部が落下する事故があり、女性1名が亡くなった。原因は、踊り場に本来鉄製であるはずが、木材を使っていたために腐食して崩落したらしい。原因は複数考えられる。

① 木材を使っていたこと(しかも外階段にもかかわらず防水加工していない)

② 設計段階では、鉄製が指示されており、施工業者、監理検査それぞれが責任を負っていない。

③ アパート経営者の責任(築8年とはいえ、鉄さびが発生しており、毎年の点検責任を怠っていた)

④ 施工業者「則武製作所」は、過去にも事故を起こしており、東京、神奈川で143箇所施工しており、すべての点検が必要である。

⑤ 法律上木材を使うのは問題ないとしているが、内階段ならともかく、外階段では問題なのではないか?

事故というのは、複数の要因が重なるものであるが、特に共同住宅のような建物には注意が必要であろう。

イラスト:時事コム https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050100117&g=soc

2021年05月04日

東京オリンピック開催の是非

これだけコロナウィルスが流行し、東京は緊急事態宣言を発出したので、海外メディアは一斉にオリンピック中止か?との声が上がっている。国民の7割が中止または延期した方がよいとの意見であるが、政府と東京都は、何も語らず、むしろ、行う計画で最悪無観客で実行するという。海外からの選手や審判、スタッフはおよそ3万人レベルだそうで、これを毎日PCR検査をおこなうとしている。つい先日も国際水連が東京で飛び込み等のオリンピック予選会開催予定がポルトガルで開催されることになった。理由が日本の入国基準が厳しすぎるとのことであった。日本は一人相撲をとっているのではないか?しっかりした基準を示して早く中止決定をしたほうがよい。中止権限はIOCにあるとしているが、IOCは日本が決めるべきと言っている。そんなぐだぐだしている間に、有名選手の不参加が少しづつ出ている。米国に促されないと決定できないのか?

 

2021年04月29日

今日から第3次緊急事態宣言!

25日から来月11日までの17日間緊急事態宣言が東京都他3府県に発令された。今回はデパート、公共施設の休業要請があり、イベントやスポーツも無観客となる。私の場合、区立図書館で「住宅素材の新技術情報」の項目を日経産業新聞をチェックしていたので、当分の間お休みとなる。変異ウイルスが猛威を振るい始めているので、しばらくはじっとしていよう。いや、これまでもじっとしていたのでだけど。。。。。。

2021年04月25日

英国のコロナ対策

国内では、まん延防止法と緊急対策の違いが不明なまま、特定の業種、飲食店等の時短要求と国民の民意にたよったコロナ対策が行われていて、もう一年も経過しているのに、一向に改善が見られない。海外ではロックダウンなどの強力な対策が打たれている。日本ではロックダウンなどはできないと政治家が平然と言うが、法律を作る側の人がこれではダメだなあと思う。英国の例では、2万人/日が2千人/規模に激変した理由は、英国のCovid-19のロードマップのように、厳しい条件から徐々に解放していく方法が参考になる。5週間おきに4段階に分けて緩めていく方針で、日本でもこのようなロードマップがほしい。ワクチンだって用意するというもののまったくスケジュールが立てられていないの現状である。英国ではすでに国民の50%が1回目のワクチンを終了している。(人口58百万人)日本はたったの1%。

STEP1 3/8~ 店舗などは休業中、学校などは対面授業、中学生以上は2週間ごとにPCR検査を実施する。教員も同じ。

STEP2 4/12~ 店舗再開、公共施設、ドライブインシネマ、コテッジなど再開

STEP3 5/17~ 外での対面OK(30人以内)、人とのハグOK、屋内レストラン、カフェなどOK

STEP4 6/21~ 多くの規制解除、大きなイベントOK

 

2021年04月20日

地下駐車場防火設備誤動作

4/15に新宿区下落合のマンション地下駐車場で天井の石膏ボード張替え作業中に炭酸ガス消火設備が誤動作して作業していた6名のうち、1名が避難し、4名が死亡、1名が重体となった。地下駐車場の消火設備は、消防法施工令13条に規定されているが、人の出入りの多い駐輪場のような場合は、泡消火設備が採用され、人の出入りの少ない駐車場の場合は、炭酸ガス消火設備(不活性ガス、窒素などもある)が採用されている。基本的には手動操作であるが、自動式もある。今回の事故は作業員が誤ってスイッチを押したとみられ、保護区画としてシャッターが降りて高圧炭酸ガスが1分以内に空間全体に充満させるものである。当時の炭酸ガス濃度は22%であったことから、あっという間に意識を失ったのではないか?

類似事故として今年の1/23、西新橋で炭酸ガス消火設備の点検中に作業員2名が誤動作により無くなっている。昨年の12・22にも名古屋市のホテル地下でエレベータ点検中に炭酸ガス消火設備が誤動作して11名が負傷、1名が亡くなっている。

写真提供:日本フェンオール(株)のガス系消火設備のパンフレットより

 

2021年04月16日

トリチウム、海へ放出へ!

東日本大震災で福島原発で放射能が大量に流出したが、10年かけてALPSで放射線材料を取り除いているが、トリチウムだけは水に溶けるので、分離できないことから、貯蔵タンクに貯めてきた。来年にはタンクを置くスペースがなくなり、いよいよ海水で薄めて海に放出することが決まった。そもそもトリチウムは水素の同位元素でβ線を放出するが、紙1枚で遮蔽できる程度の弱い放射線量であるらしい。それでも小児がんを発生する恐れがあるとして慎重な対応が求められていた。政府の方針では、2年後に国の基準の1/40の1,500ベクレル以下に希釈して流す計画だ。半減期は12年なので、30年保管すればほぼ安全とみられる。そこで、原子力技術者によると、現在137万トン貯蔵されているので、10万KLの貯蔵タンクを17基作って100年間保存することが望ましいとの意見もある。韓国、中国から猛反発されているが、現実の原子力発電では、トリチウムは垂れ流しされているという。因みに福島第一原発では、年間2兆ベクレル、韓国の月城では17兆ベクレル、中国の大亜では、42兆、フランスで1京3700兆、カナダでは372兆も流されている。詳細は、経済産業省の資料による。(下図)韓国からは特に批難されて国際裁判所へ提訴すると騒いでいるが、おかしな話である。IAEAが認めている数字なので、日本がトリチウムを運に流す問題はないと思うが、事故を起こした責任上、またこれからも忘れないために貯蔵タンクを建設することがよいと思う。建設する場所は首都圏なんかはどうだろうか?

 

2021年04月15日

ゴルフ松山やったね

我々の時代は、90年代に「遥かなるオーガスタ」というパソコンゲームで各コースをトレースしたものだ。歴代優勝者といえば、アーノルド・パーマーやジャック・ニクラウスであった。まさか松山が優勝するとは思いもよらなかったので、感動した。最近ゴルフブームは去ってしまい、TV中継もやらなくなったので、これからまた復活するかもしれない。

 

2021年04月14日

桜散りさつき早くも咲く

あっという間に桜が散り、母校の桜も花見客もなく封鎖された状態で散ってしまった。4月に入ってすでにつつじやさつきが同時に咲き始めた。コロナ禍でさみしく咲いている。写っているのは愛犬モモです。

 

 母校の正門前の桜(封鎖状態)

 

自宅近くのさつき(愛犬と一緒に)

 

 

 

 

2021年04月09日

久しぶりの外食で

久しぶりにあるファミレスでランチする機会があった。確かに消毒、検温、間仕切りなどが設備されているが、中で食事している人は、大声で話ながら、食事している人を何人か見掛けた。やはり、人によってはルールを守らないのでだなと感じたが、一方で、その原因は、お店のバックグラウンドミュージックの音量の大きさにあるようだ。高齢者には普段でも耳が遠いために大声になりがちだが、音楽がうるさくて更に大声で会話しているようだ。これはお店の配慮が足りない。最近山梨県知事が、うちの県内のレストランは個別認定をおこなっているので、設備だけでなく、雰囲気にも配慮しているので、東京のような自己申告制ではないので規制を緩和していいのではないかと言っていた。確かに。。。。

2021年03月21日

総評論家!

コロナに関するコメントでTVに出演している感染症の専門家あるいは、医師会の会長の発言は、当事者なのに緊急宣言下の分析や評論に過ぎない。そんなことは、毎日気を付けている我々には十分わかっていることである。では、1年以上も経過しているのに、なぜ具体的な対策が打ち出せないのか?町医者がはびこる日本社会に原因がありそうだ。大学病院といえど、重症患者を入院させられるのは、せいぜい数名である。病院スタッフが不足しているといってなかなか具体的な対策が取られていない。1年も教育すれば、十分育てられるはず。よその国では、コロナワクチンを打つ人を薬剤師まで拡大しているところもある。日本ではロックアウトはできないと言われているが何故できないか?法律を作る国会議員がサボっているからである。やれ人権保護、個人プライバシーなどを盾に、この国をどうしていきたいかの俯瞰する人がいないのでは?ベテランの医師が、ワクチン注射を打っている光景を見ていると、危なかしてく見ていられない。何年振りにやったのかもたもたしていると感じるのは私だけか!

 

 

2021年03月13日

2050年脱炭素社会

政府は2050年には脱炭素社会を目指すと宣言した。新聞記事にはCCUSの文字が躍る。Cabon dioxideのCapture(回収)、Utilization(利用)、Sotrage(貯留)の頭文字を当てている。この中で貯留についてCO2-SUICOM事業がある。読んでの通り、炭酸ガスをコンクリートに吸い込む技術らしい。コンクリート製造時に特殊混和剤を混ぜてコンクリートにCo2を吸収させる技術である。(鹿島建設、中国電力、デンカ等)

 

2021年03月05日

アウディのeーガソリンはどうなったのか?

世の中の動きは水素ステーションを使ったFCVであるが、アウディが発表した既存のスタンドで供給するe-ガソリン。バイオマスで生成される気体のイソブテンに水素を付加してイソオクタン(C8H8)を燃料とするもので、その後どうなったのかなあ。

一方NEDOがプロジェクトを組んだミドリムシ(ユーグレナ)を使ったバイオ燃料は、2024年頃市販される予定という。水素は運搬も供給等のインフラにコストが掛かりすぎることだろうなあ。

 

 

2021年02月23日

大阪ガスのメタネーション

大阪ガスが発表した革新的メタネーションは、再生エネルギーを使って水を電気分解して水素を取り出し、これとCO2を反応させてメタンガスを生成するもので、従来のセラミックフィルターを通したメタンガス生成から特殊金属を採用したことで、強靭な、自由度のきく合成法が完成した。但し、コスト的には従来のメタン合成法に比べてまだ10倍近くするので、いかに生産コストを抑えるかが今後の課題となる。既にNEDOを中心として日立造船なども開発を進めているので安価な方法が期待できそうだ。

 

2021年02月17日

歴史ある建物の火災

2/11 信州湯田中温泉にある老舗旅館「よろずや」の「松籟荘」(国の有形文化財)が全焼した。また、2/12に鎌倉なる満福寺にある「義経庵」も全焼した。この義経庵は平安時代に義経が宿泊して義兄の頼朝に「腰越状」を書いた場所と言われている。いずれも歴史ある建物で火元には十分気を付けていたのだろうが、人間のなすミスで全部なくなってしまった。沖縄の首里城も燃える映像がよみがえる。

 

2021年02月15日

東京製綱 敵対的TOBに!

一部上場の東京製綱(タイヤや橋等のワイヤーで有名)が、親会社の日本製鉄に敵対的TOBを掛けられている。日本製鉄は鋼材を納入しているのであるが、この会社の経営者が旧富士鉄出身で20年近く経営に君臨していて赤字をばらまいて改善する余地がないとの理由らしい。偶然にも私はこの東京製綱の株を20年以上保持している。一時は3,000円以上の株価であったのに、最近では開発経費の赤字が膨らんで利益が生まれていないボロ株と呼ばれ、1,000円以下であったのが、TOB価格1,500円ということで徐々に上昇し、現在では1,200-,1-300円程度で推移している。米国のバイデン新大統領のインフラ政策で橋の架け替え事業が拡大するという時期なのか巨大企業と中小企業の戦いを見守っている次第です。

2021年02月07日

ビデオ会議「Zoom」について

コロナ禍下でテレワークが推奨されてパソコンの売れ行きが30%伸びているために、自動車用の半導体が不足しているらしい。そこでウエッブ会議では、「Zoom」が人気である。私は使ったことがなく、skypeしか知らない。何が違うかというと、ID取得はいらないし、無料版であれば、100人まで、有料で1,000人まで会議ができるという。あえて言えば、skypeのようにチャット等のテキストコミュニケーションができないという。私はなんとなく時代に乗り遅れ感はあるなあ。

2021年02月04日

噂のGOBE3を購入してみた!

スマートウォッチは数多くあれど、摂取したカロリーや栄養素(蛋白質、脂質、炭水化物)を表示し、消費カロリーのバランスを表示してくれるヒルビー社のGOBE3を購入して使い始めた。私は食事療法をしているので、タンパク質やカロリーに関心が高く、栄養士の指導では、日記のように朝、昼、夕の食事メモを取ることを薦められたが、3日でダメでした。それを解決するのが、このウォッチかなあと思った。まだ、使い始めなので、電源スイッチがどこにあるのか、PINコード?アプリとの連動のためbluetoothを使うなど悪戦苦闘中です。

 

2021年02月01日