アウディのeーガソリンはどうなったのか?

世の中の動きは水素ステーションを使ったFCVであるが、アウディが発表した既存のスタンドで供給するe-ガソリン。バイオマスで生成される気体のイソブテンに水素を付加してイソオクタン(C8H8)を燃料とするもので、その後どうなったのかなあ。

一方NEDOがプロジェクトを組んだミドリムシ(ユーグレナ)を使ったバイオ燃料は、2024年頃市販される予定という。水素は運搬も供給等のインフラにコストが掛かりすぎることだろうなあ。

 

 

2021年02月23日