培養肉

培養肉は細胞をウシやブタ、トリなどから採取し、それを増やした後、増やした細胞を用いて組織を形成することで作られる(図 1)。培養肉は少量の組織から採取した細胞を何倍にも増やしてから作るため、食肉のために犠牲となる動物を減らすことができる。また気候変動に左右されない肉生産が可能であり、省スペース・省資源で作ることができることから、環境保護や食料安全保障の観点からもメリットがあると考えられている。さらに細胞培養や組織培養は衛生管理された無菌状態で行われる。そのため、食中毒の発生を抑えることができ、従来よりも安全で保存がきく肉となる可能性があります。(出典 東大バイオハイブリッドシステム研究室)

牛は反芻する時にメタンガスを発生し、オゾン層破壊の原因となっているので、良い研究だとは思うけど、口の中にいれるものであるから、健康被害はないのだろうか?しかし、将来的には代替されていくと言われている。

 

2022年01月03日