部屋の換気をどう評価するか?

コロナ対策としてマスク着用、手洗い、三蜜を避ける、換気などがあるが、換気についていまいち曖昧である。最近の住宅は24時間換気(0.5回/h)が義務付けられているが、これでは換気不足らしい。産総研によると、窓を5分開けておくと、室内のCO2は大幅に低下する。(外気CO2と同等の450ppm)換気が必要となるCO2濃度は、1,000ppmくらいで、ちょっと息苦しくなるので、800ppm程度で換気目安とするとよいという。CO2濃度計を設置して、室内の人数に応じて換気する。既にレストランでも導入しているところがあり、産総研では、スタジアムや室内競技施設で実験をおこなっている。酸素飽和度計(パルスオキシメーター)と共にCO2濃度計も必要ということか?

 

2021年01月24日