マスクの種類に関する報道

どこを歩いていてもマスクをしている人が当たり前になって、ちょっと異様な感じがするが、マスクの種類について最近話題になっている豊橋技術大学の研究発表(12/24当ブログ参照)で不織布マスクが一番よくてウレタンや布マスクはダメという結果で議論されている。飛沫を飛ばさないことが原則であり、人に向かって喋らなければ影響はないと思う。しかし、ドイツでは、買い物や公共施設では、サージカルマスクN95(欧州仕様  FFP2)が義務化された。これを考えると、やはり高度なフィルター機能が必要なのかもしれないなあ。いつになったら、マスクを外せるのか?

 

追記)1/28 東工大 谷岡教授が開発した「分子マスク」は、ZettaナノファイバーでN95と同等性能で通気性が高いマスクとして評判になっているが、価格が1枚4,000円ほどする。

2021年01月26日