ゼレンスキー大統領国会演説に思う

3/23午後6時からウクライナのゼレンスキー大統領が議員会館で演説を行うというので、TVで見つめていた。始めに、細田衆議院議長が挨拶したが、江戸時代の絵巻物みたいなスピーチで、巻紙を朗読した感じである。これくらいの内容は暗記できないのか?これに対して12分ものゼレンスキー大統領のスピーチは原稿を見ず、素晴らしいものであった。ついでに三東さんの余計な感想かスピーチで締めくくられた。ああ、日本の国会議員の儀式に従ったセレモニーはなにか?相手は戦争中の危機感があり、時間が制約された中、なんたる平和ぼけであろうか?

大統領は別途日本の技術SAR衛星を貸してほしいとの要望があったようだ。これについては後述する。

 

2022年03月24日