川金の免震、制振ダンパー不良

昨年10月にKYBで発生した制振装置の油圧ダンパーデータ改ざん問題から、国土交通省が関連企業に調査命令を出していたが、ライバル企業である川金HDでも免震、制振ダンバーにデータ改ざんがあることが判明した。認定品のデータではなく、施主の要求に合う性能が出せずデータを手直ししていたものらしい。108の物件で、1,735本の不正が見つかった。日本の製造技術の信頼性が崩壊する問題である。そもそも認定品のデータより高く品質を求めるのはどの業界も同じであるので、ダンパーだけが無理なことを要求しているわけではない。業界全体に常時地震が起きるものではないという甘えがあったのではないか?

 

2019年02月10日