知らないでやる人と知っててやる人

どこかの国で油を積んだタンクローリー車が横転して油が漏れ出し、これを近隣住民が奪い合うように油を汲み出していた。そこに一服しようとタバコに火を付けて爆発した事件、国内では車内で男女の痴話ゲンカで女が浮気した男に消毒液(エタノール)をかけて体を清めようとした。やがて男は一服しようとしてタバコに火を付けて大やけどを負った事件、逆に、宮城県のように、布団に火をつければ、妻や子供たちが焼け死ぬのをわかっていて人生をリセットしようとした放火夫。人間のやることはいちいちややこしい。こんなことでは火災はなくならないなあ。

2017年07月05日