ゴルフクラブで火災?

3日、山形県寒河江市の河川敷でゴルフの素振りの練習をしていたところ、枯草に燃え広がり、1,300m2を燃やした事故があった。火災の原因は、金属製のゴルフクラブとアスファルトの摩擦によって火花が発生し、枯草に燃え広がったことらしい。ゴルフクラブで競技中にもこのような火災があったようで、チタン製のクラブは火花が出やすいことや異常乾燥注意報が出ている場合、芝生(枯草)が燃えやすいことも事実である。要は「火打ち石」のように、石と石をこすっただけで火花がでる原理である。しかし、消せないくらいあっという間に燃え広がるものとは恐ろしい。

写真提供:フジテレビプライムニュース

 

2019年03月06日