花火工場火災について

香川県坂出市で26日午後1時50分すぎ、「平尾花火店」で爆発があり、従業員2名が負傷した。 平屋9棟が燃え、2時間後消火した。 写真提供:毎日新聞社


花火店の火災は、過去に、2003年4月11日 鹿児島市の南国花火製作所爆発事故では、10名死亡、6名が負傷する大事故があった。 
大事故になった原因は、大量の火薬類貯蔵による違法行為。花火店は 厳しい防火規制があるものの爆発事故は耐えない。
中国でも花火店火災が頻発し、耐火構造や従業員教育を徹底した管理をし始めたために、 日本に輸入される家庭用花火が4倍以上の価格になっている。 一方で、花火大会が各地で中止に追い込まれている。観客の警備体制とゴミ処理等の資金不足によるもので、夏の楽しい祭りのはずなのに、なんとも寂しい限りである。

2017年07月27日