総評論家!

コロナに関するコメントでTVに出演している感染症の専門家あるいは、医師会の会長の発言は、当事者なのに緊急宣言下の分析や評論に過ぎない。そんなことは、毎日気を付けている我々には十分わかっていることである。では、1年以上も経過しているのに、なぜ具体的な対策が打ち出せないのか?町医者がはびこる日本社会に原因がありそうだ。大学病院といえど、重症患者を入院させられるのは、せいぜい数名である。病院スタッフが不足しているといってなかなか具体的な対策が取られていない。1年も教育すれば、十分育てられるはず。よその国では、コロナワクチンを打つ人を薬剤師まで拡大しているところもある。日本ではロックアウトはできないと言われているが何故できないか?法律を作る国会議員がサボっているからである。やれ人権保護、個人プライバシーなどを盾に、この国をどうしていきたいかの俯瞰する人がいないのでは?ベテランの医師が、ワクチン注射を打っている光景を見ていると、危なかしてく見ていられない。何年振りにやったのかもたもたしていると感じるのは私だけか!

 

 

2021年03月13日