大阪ガスのメタネーション

大阪ガスが発表した革新的メタネーションは、再生エネルギーを使って水を電気分解して水素を取り出し、これとCO2を反応させてメタンガスを生成するもので、従来のセラミックフィルターを通したメタンガス生成から特殊金属を採用したことで、強靭な、自由度のきく合成法が完成した。但し、コスト的には従来のメタン合成法に比べてまだ10倍近くするので、いかに生産コストを抑えるかが今後の課題となる。既にNEDOを中心として日立造船なども開発を進めているので安価な方法が期待できそうだ。

 

2021年02月17日