EU 使い捨てプラスチック規制

欧州委員会は、代替可能な使い捨てプラスチック製品、例えば、皿、フォーク、ナイフ、スプーン、ストロー、マドラー、綿棒等を2030年までに流通禁止とする。また、飲料用ボトル(欧州ではPETとPVC)を90%回収することを20205年までに義務化することを決定した。これは、海洋汚染を防止するための措置であるとしている。2021年から規制を開始するという。
日本のように、使い捨てプラ製品が大量に出回っている市場では、プラ製品メーカーは大打撃となると見られる。日本の場合はこの他に製品の梱包に使っているフィルムやトレイなども問題となる可能性があり、今後深刻な問題となるでしょう。

2018年06月09日