南海トラフ地震近いか?


1/10に気象庁が南海トラフ地震に関するスロースリップ(プレート境界の固着がゆっくり滑る現象)を指摘し、今後30年以内に70-80%の確率で地震が起こることを説明していた。https://www.jma.go.jp/jma/press/2001/10b/nt20200110.html?734

下図にしめされた赤い囲いと黄色の囲いである。

一方、内閣府の地震調査委員会が1/24に発表した南海トラフの津波が西日本から東日本まで3-10m以上襲う確率が30年以内に26%だそうだ。この数字を低く見るのか高く見るのかの質問には、交通事故に会う確率よりも高いという。過去の地震経過でも90-100年サイクルで地震が発生していることから、そろそろ地震がきそうだということらしい。煽るのはよいか国、自治体の対策、我々はどうするのかもう少し具体的な提案がほしい。

https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kaiko/k_nankai/

 

 

 

2020年01月25日