エアコン洗浄で火災?

7/19付日経産業新聞にエアコン洗浄で火災が起こる事故が頻発しているらしい。エアコン停止時に内部結露してカビが生えて臭い空気が排出されてくるので、エアコン洗浄(8,000円/台)が流行りである。ところが、この洗浄剤がファンモーターのリード線の接続部分に残っていると、乾燥、炭化して漏電コンセントの埃が溜まって火災になる「トラッキング現象」と同じことが起こるらしい。防止策は、接続部分をきれいに拭き取ることであるとか。何も知らないで業者に頼んでその後、エアコンから火が吹き出すとびっくりするしかない。(写真提供:福岡消防局)

 

2018年07月26日