2022年謹賀新年

明けましておめでとうございます。年末年始にかけて高齢者の住む住宅火災が多発しています。特に電気ストーブの便利さから火災が起きるケースが増えている。更に、仏壇にろうそくの火が倒れ、引火するケースも多い。気を付けなければならない。一方で防げない火災も大阪の曽根崎で起きた。心療内科のスタッフ、患者25名の死者を出した放火事件だ。これは単純な放火火災ではなく、殺人事件と言ってよい。防火ドアの目地をガムテープで塞ぎ、消火栓のドアも接着剤で開かないようにし、更に逃げないように犯人がとうせんぼして奥の部屋に追い込む等悪質極まりない。古いビルでは、非常階段はエレベターと併設され、奥側に非常階段がもうひとつ設置されていないことを犯人は十分知っていた。なんとも痛ましい事件であった。亡くなった人には心からご冥福を祈る。 合掌

2022年01月02日