炭素税導入について

石油、天然ガス、石炭等化石燃料について炭素税を導入する計画がある。従来から石油石炭税があり、原油・石油製品は1キロリットル当たり2,040円、ガス状炭化水素は1トン当たり1,080円、石炭は1トン当たり700円となっています。これにCO2排出量として1トンあたり289年が上乗せされる計画である。かなり経済を疲弊させる政策であるが、この化石燃料に代わる新しい原料を見出すことが先ではないか?課税することは簡単であるけど、相変わらず政府の提言は危うい。資料は、財務省のホームページより

 

 

2021年07月18日