新元号「令和」に決まる!

万葉集の大伴旅人に梅花集、序文から取ったらしい。いまさらながら、万葉集を見てみると、解説文がないと、私には外国語に見える。すべてかながふってあってもなかなか意味が受け取れない。昔の人は考える時間があるのか、よく熟考した人間のこころと自然の調和を読んでいると感心する。すぐにスマホで検索する今の時代の人にはとても読めない句でもある。いずれにしても何の抵抗もなく、書類などに記述できるのには、数年かかるなあ。

2019年04月02日