空振

トンガで海底火山の噴火があり、トンガの首都の状況はわからない。この爆発で、大気圧がPa上昇することによって「空振」がおこり、海面を押し下げて津波をおこす現象があった。トンガでは数十cmしか潮位が隆起しなかったのに対して日本では1.2m(予測3m)の津波が観測された。米国カルフォルニアやペルー海岸でも津波が観測されている。気象庁は、津波とは断定せず、新しい現象であると発表している。このほか、衝撃波も観測されているという。南太平洋で噴火や地震が起きると、南海トラフや東日本地震がおこるのではないかと不安を抱いてしまう。

 

2022年01月17日