Sonyの柔らかなものをつかむロボット

数年前には、ロボットの筐体を研究していたことがある。将来、家庭用ロボットが普及して人とロボットがぶつかってケガをすることが予想された。当時は、いかにロボットを制御するかが主流で、シリコンやウレタンの弾性体で包む発送はなかった。今回ソニーが発表したバラやケーキもつかむロボットを見て科学の進歩を感じられずにいられない。更に人と触れる温度のぬくもりも追及されるだろう。

 

2021年12月22日